精力剤の原料と種類

様々なタイプがある精力剤

精力剤は、性に関する意欲や機能を向上する効果が期待できる医薬品や健康食品に対する俗称で、明確な基準はありません。

大まかには、医薬品タイプは人口的に合成したものを主成分としているので、即効性が優れており、健康食品タイプの精力剤は天然素材を原料としているので、安心して利用できるという様に分類することが出来ます。

このために、短期的に利用する場合は医薬品タイプが適当であり、長期的に利用する場合はサプリメントタイプが適当です。また、どのような原料を主成分として使用しているのかということも、重要なポイントとなります。

精力剤で良く見かける原料

サプリメントタイプの精力剤には、植物由来の素材を主成分としている場合と動物由来の素材を使用しているものとがあります。

前者は、ビタミンやミネラルの他に独自成分による作用を期待できますが、後者は主にアミノ酸による作用で、非常にシンプルな仕組みです。なお、これらのサプリメントタイプで良く見かけるのは、スッポンやオットセイ、マムシなどです。

これらは、古くから使用されてきた歴史があるので、安心して利用できるということがメリットと言えます。長期的に利用することにより、性機能の向上以外にも健康面での効果を期待できます。

精力剤としてのスッポンの利用

精力を付けるためには

加齢によって精力がなくなったと感じる人は多いです。体力が衰え、精力がなくなっても、加齢によるものだからと諦めてしまっている人もいます。

しかし、毎日の食生活を見直して、不足している栄養をサプリメントなどで補うことで、精力が付き、元気が戻ったという人もいるのです。精力を付けるための食材は、意外と多いです。精力が付く食材の中で、非常に人気が高いのがスッポンです。

美容食としても有名で、モデルや芸能人の中にもファンが多いです。美容に欠かせない成分と言われる天然コラーゲンが豊富に含まれているので、食べると翌日の肌の潤いが違います。

精力を付けて元気になる

スッポンには、天然コラーゲンだけでなく、必須アミノ酸、ビタミン、ミネラルもバランス良く含まれています。

特にアミノ酸は、人間にとって必要不可欠な成分で、アミノ酸をしっかりと摂取することで、動脈硬化や心臓病などの予防にもなります。

生活習慣病を予防したいと考えている人にも適しています。男性に嬉しい成分といえば、アルギニンです。精力剤に匹敵するほど精力増強効果が高いと言われるのは、アルギニンのおかげでもあります。

精力剤の成分として有名なマカにも、アルギニンが豊富に含まれています。精力剤や栄養ドリンクには、アルギニンが配合されているものが多いです。アルギニンは、血管の老化防止にも役立ち、疲労回復効果も期待できます。

天然素材の精力剤とは

精力剤に配合されている成分の種類

精力剤は、男性の性機能の改善を主な目的として使用する医薬品や健康食品の俗称です。厳格に規定された基準はないので、様々な内容の商品が販売されていますが、医薬品タイプは即効性を、健康食品タイプは安全性を重視しているということが、大まかな特徴となっています。

これは、配合している成分によるもので、医薬品タイプは人口的に合成した成分を配合しているのに対して、健康食品タイプは天然素材を主成分としているという違いがあります。短期的に利用する場合は医薬品タイプが適当であり、身体に負担をかけたくないときには健康食品タイプの選択が適切です。

健康食品タイプの精力剤の内容

健康食品タイプの精力剤に配合されている天然素材は、マカやニンニクなどの植物由来のものと、マムシやスッポンなどの動物由来のものとに分類することが出来ます。

前者は、ビタミンやミネラルによる作用の他に、独自の成分を含有しているケースもありますが、後者は基本的にはアミノ酸による作用のみであり、非常にシンプルな内容です。

このために、植物由来の成分を配合している商品の場合は、全て同じというわけではないので、事前の比較検討が必要となります。一方の動物由来のタイプは、アミノ酸の含有量が重要なポイントとなります。

精力剤としての山芋の効果

ネバネバに含まれる精力アップ成分とは?

山芋は「天然の精力剤」として古来よりその精力増強効果が知られていますが、その秘密はネバネバに含まれている「ムチン」という成分にあります。精力アップには筋肉や内蔵、血液、精液などをつくる材料となるたんぱく質をしっかり摂る必要があります。

これに対し、ムチンには胃腸の粘膜を保護して消化をスムーズにする働きがあり、たんぱく質の分解を助ける酵素も含まれているので、たんぱく質の消化・吸収を促進して精力アップに貢献してくれるのです。

また、山芋には塩分の排出を助けて血圧の上昇を抑えるカリウムや腸内環境を整える食物繊維などの健康成分も豊富なので、これらの相乗効果で精力剤のような効果を発揮してくれるというわけです。

精力剤として利用するときのポイント

山芋は精力剤のような効果を発揮する食品ですが、その効果を十分に得るには良質なたんぱく質を含む食品と一緒に食べるのがポイントです。

良質なたんぱく質が摂れる食品とは、肉や魚、大豆食品、卵などですが、特にお勧めなのがネバネバつながりで相性がよい納豆です。大豆食品の一つある納豆はたんぱく質が豊富で、ナットウキナーゼという血流をよくする成分が含まれているので、相乗効果で精力アップ効果が期待できます。

ただし、ムチンは水溶性の成分で熱に弱いので、生のまますりおろして納豆と一緒にご飯にかけて食べるのが有効です。味噌汁のような汁物の具にすると汁に溶けたムチンも一緒に摂れるので生で食べるのが苦手な方にオススメです。